防風通聖散に入っている生薬【連翹(レンギョウ)】の特徴と効果

芍薬(シャクヤク)はボタン科のシャクヤクの根を乾燥させたものです。
高さ50cm〜80cmほどの多年草で、6月に大きな赤や白などの、ぼたんのようなキレイな花を咲かせます。
日本では少ししか栽培されておらず、主に中国東北部や東シベリアなどに自生しています。

芍薬の効果について

芍薬は鎮痛作用があり、筋肉の痙攣を抑える作用があることから、足がつったり、こむら返りが頻繁にあるときに病院から処方される漢方薬によく配合されていて、なじみのある人も多いかと思います。

 

また、血行が悪いと冷え性や肩こりになりやすく、関節痛がひどくなる人もいます。
芍薬には血管を拡張する作用もあるため、血行を良くして、全身に血液が回らないことによる不調を改善するのです。

 

また、有名な効果として、芍薬はホルモンへの作用を持っており、生理不順や更年期障害などによるホルモンバランスの崩れなど、女性特有の症状に効きます。そのため、婦人薬とも呼ばれているのが特徴です。

芍薬の副作用・飲み合わせについて

芍薬のみでの1日での上限摂取量は特に決まっていませんが、芍薬と同じような効果を持つ「ブクリョウ」や「センキュウ」などの生薬との過度な服用は、吐き気を起こしたり、めまいを起こしやすくなったりするので控えましょう。