防風通聖散に入っている生薬【山梔子(サンシシ)】の特徴と効果

山梔子(サンシシ)はアカネ科のクチナシの果実を乾燥させたものです。
花のにおいが強く、特徴的なので、なじみのある花だと思います。
クチナシは庭や切り花としてもよく栽培されていて、煮ると黄色い色が出てくるので、自然の着色料として布や食べ物の着色にも使われています。

山梔子の効果について

山梔子は主に、体に溜まった熱を外に出すことで、体の状態を改善してくれる効果があります。
ダイエット向きの漢方薬を飲んで体に余分な熱が溜まってしまうと、ほてりや発汗などが起こってしまい、体の調子が悪くなってしまうのです。
そのため、鎮痛作用、解熱作用、抗炎作用などで、熱の上がり過ぎを防いでくれるというわけですね。

 

また、肝臓の働きを助けてくれる役割もあります。
そのひとつが、食べ物を消化するときに必要な胆汁の排泄を促す作用です。
肝臓の機能が弱くなると、この胆汁の量が減り、皮膚や白目の部分が黄色くなる黄疸(おうだん)になることもあります。

 

漢方薬や効果が高いものばかりですから、それなりに肝臓にもダメージを与えてしまいます。
山梔子を入れることで、肝臓の働きをサポートしてくれるのです。

山梔子の副作用について

山梔子を服用しすぎると気分が悪くなり、嘔吐するという副作用が起こりやすいです。
他にも下痢のときは、さらに症状を悪化させやすいので、服用しないようにしましょう。