シュミテクトからホワイトニング用の歯ブラシが発売!

ホワイトニングが一般的になり、歯が白くキレイな人が増えてきましたよね。
シュミテクトからも歯の着色汚れを落としてくれる歯ブラシ「シュミテクト トゥルーホワイトハブラシ」が9月29日に発売されます。↓
シュミテクトの歯ブラシシュミテクト公式サイトより
先が細く柔らかい「シルキー毛」と汚れを落とす「特殊ステイン除去毛」の2種類が組み合わさり、歯や歯茎の刺激を抑えながら、着色汚れを取ってくれます。
歯ブラシの刺激で痛みが起こる知覚過敏の人にも安心。(さすが知覚過敏ケアブランド!)

 

ホワイトニングを受けた人はさらに白さを保つために、受けていない人は溜まった着色汚れを落としていくために、どちらにも使えるホワイトニング用の歯ブラシ。

 

シュミテクトは歯磨き粉も色んな種類のものがあるので、ホワイトニング効果のものを使うと相乗効果が期待できそうですね♪

虫歯の人はダイエットが失敗しやすい!その理由は?

虫歯関係のないように見えて、実は繋がりのある「虫歯」と「ダイエット」
どのように関係しているのか?紹介していきますね。

「虫歯」と「太る原因」は同じ

虫歯になる原因は、食べたり飲んだりしたあとの、酸性に変化した口内を放置しておくことです。
お菓子をダラダラと食べたり、コーヒーを飲んだりする人は、虫歯菌が発生しやすい口内環境に悪化してしまいます。

 

歯磨きをすることで酸性の口内を一度リセットすることができますが、定期的に間食をしている人は、すぐに口内を酸性の状態にし、また虫歯菌を発生させてしまいます。
間食を良くする人の方が、虫歯になりやすいのです。

 

また、ダイエットが失敗する人も、
間食を我慢できない人に多いので、虫歯とダイエットが失敗する理由は同じだと言えますね。

噛む回数が減ると
ダイエットに失敗しやすい

歯が痛い女性よく噛んで満腹中枢を刺激すると、満腹感を得ることができます。
しかし虫歯になって歯を痛めていると、柔らかいものを好んだり、痛みを避けるために噛む回数を減らしてしまいますよね。
満腹感が感じられないとなると、自然と食べる量が増えてしまい、ダイエットが失敗してしまうのです。

■ 虫歯とダイエットは大きく関係している

虫歯の人がダイエットに失敗しやすいと言われるには、しっかりとした理由がありました。
まずは歯磨きで虫歯をなくすことが大切!

 

1日の食事時間も決めておくと、歯磨きでリセットされた口内を保てるのでオススメです。
そうすると間食も減り、ダイエットの成功にも繋がりますね。