防風通聖散と五苓散
ダイエットするならどっち?

◆防風通聖散は、

デブ女肥満症・便秘の改善
その他の効果としては、むくみ、冷え性、肩こり、皮膚炎、ニキビの緩和効果があります。

 

◆五苓散は、

むくみ脚むくみの緩和
その他、便秘、利尿などの効果があります。

むくみの解消という点では、どちらを使っても良いと思いますが、脂肪も取りたいし、便秘で困っている…という人は防風通聖散を選んだ方が良いです。
私が防風通聖散を試した時は、飲んだその日の夜に便通がかなり良くなりましたよ♪
⇒ 便秘解消でこんなに痩せました^^ノ

 

ただ、防風通聖散は飲み始めが少し下痢気味になるため、虚弱体質の人は五苓散を選んだ方が良いですね。
無理をすると逆に体を壊すだけなので注意してください。

防風通聖散と五苓散
それぞれの特徴を詳しく説明

防風通聖散の特徴

防風通聖散防風通聖散の特徴

防風通聖散の商品一例

防風通聖散の種類

五苓散の特徴

五苓散五苓散には、沢瀉(たくしゃ)や茯苓(ぶくりょう)をはじめとした5種類の生薬が使われています。

 

むくみ=余計な水分の蓄積なので、それらが正常に流れ出すだけでも2〜5kgは簡単に落とせるので、手っ取り早く軽くなりたいのであれば、五苓散のように浮腫みも改善できる漢方薬を選びましょう。
(水分の蓄積量によって落ちる体重は変わってきます)

五苓散の商品一例

メーカー 商品名 値段
(コスパ)
ツムラ 五苓散料エキス顆粒 4,580円
(305円/日)
小林製薬 アルピタン ※ 1,800円
(450円/日)

※二日酔いの薬として販売されています
五苓散は1日あたりのコスパがかなり高くて、長く続けるのには不向きな漢方ですね…

 

それなら1日130円で気軽に飲める防風通聖散(生漢煎)の方がおすすめ

防風通聖散と五苓散の比較 まとめ

防風通聖散と五苓散、それぞれどんな人に向いている?

  • 防風通聖散は便秘、皮下脂肪を改善したい人向け
  • 五苓散はお酒の飲み過ぎや立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事で代謝が悪くなり、体のむくみから太ってしまった人向け

虚弱体質の人が防風通聖散を飲むと、逆に疲れてしまうので五苓散を。

 

逆に元気満々で、お腹がポッコリ&ふくらはぎや顔がむくんでいる人は、『防風通聖散』でダイエットに挑戦しましょう!

 

下っ腹がかなり気になっていた私が、防風通聖散を飲んで大成功した写真をUPしています。
興味があれば是非チェックしてみてください。
(自分で言うのも何ですが、かなり痩せました*^^*)
⇒ 防風通聖散でまるで別人のお腹に!

関連ページ

防風通聖散と大柴胡湯の違い
便秘の改善やダイエットをしたい人におすすめの漢方薬はいくつもあります。防風通聖散や大柴胡湯(だいさいことう)もその一つですがダイエットに使うならどちらがおすすめか、ここでは両者の違いを解説します。
防風通聖散と防已黄耆湯の違い
防風通聖散と防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)はいずれもインターネットの口コミで「痩せる!」と評判が高い漢方薬です。ダイエット目的ならどちらがおすすめか?ここでは両者を徹底分析してみます。