防風通聖散と防已黄耆湯
ダイエットに向いているのはどっち?

◆防風通聖散は、

メタボ肥満症・便秘・むくみの解消
他、冷え性や肩こりの改善、肌荒れ緩和などの効果もあります。

 

それに対して、◆防已黄耆湯は、

メタボ女性水太り・むくみの解消
その他、整腸・代謝UPなどの効果があります。

両方とも肥満に効く漢方ではありますが、防風通聖散は脂肪による肥満、防已黄耆湯は水分が溜まることによる肥満に、と使えるシーンが少し異なってきますね。

 

美味しいものが大好きでいつもたくさん食べちゃう…といった『脂肪が多い人』は防風通聖散を選ぶのが正解です。
⇒ 防風通聖散1ヶ月でお腹の脂肪激減!

防風通聖散と防已黄耆湯
特徴の違いを説明

防風通聖散の特徴

防風通聖散防風通聖散の特徴

防風通聖散の商品一例

防風通聖散の種類

防已黄耆湯の特徴

防已黄耆湯防已黄耆湯には、6種類の生薬が配合されていて、体の水分循環をよくしてくれる作用があります。

 

防已黄耆湯の作用

水分循環が良くなる

血流が良くなり代謝UP

脂肪が分解されやすい体質に

ただ、防風通聖散と比べると生薬の種類が3分の1なので、効果の出かたはとても控えめ…。
水太りをじっくりと解消したい人にオススメです。

防已黄耆湯の商品一例

メーカー 商品名 値段
(コスパ)
ツムラ 防已黄耆湯
エキス顆粒
5,500円
(172円/日)
クラシエ 防已黄耆湯
エキス錠F
1,886円
(236円/日)
北日本製薬 防已黄耆湯
「東亜」
2,300円
(153円/日)

防風通聖散と防已黄耆湯は、主たる効果がどちらも同じ感じ(肥満症の改善)なので、まずは一番安い『生漢煎−防風通聖散』から始めると良いでしょう。

防風通聖散と防已黄耆湯の比較 まとめ

防風通聖散と防已黄耆湯の違いについて調べてたことをまとめます。

  • 食べすぎて太った人、便秘や皮下脂肪が多い人は防風通聖散
  • むくみが原因で太った人は防已黄耆湯

女性は男性よりもむくみに悩んでいる人が多いので、防已黄耆湯を選ぶ人が多いです。

 

ただ、食べ過ぎのせいでお腹が出てしまっている人は、脂肪燃焼効果が大きい「防風通聖散」の方が断然オススメ!

 

⇒ 防風通聖散で7kgも痩せた!

関連ページ

防風通聖散と大柴胡湯の違い
便秘の改善やダイエットをしたい人におすすめの漢方薬はいくつもあります。防風通聖散や大柴胡湯(だいさいことう)もその一つですがダイエットに使うならどちらがおすすめか、ここでは両者の違いを解説します。
防風通聖散と五苓散の違い
「むくみを解消したいし、できることなら体重も減らしたい」という人におすすめしたい漢方薬のうち、ここでは防風通聖散と五苓散(ごれいさん)の違いについて紹介します。