防風通聖散と大柴胡湯
大きな違いは主な効果!

◆防風通聖散は、

お腹デブ肥満症や便秘の解消
その他には、むくみ、冷え性、肩こり、皮膚炎、ニキビの改善効果もあります。

 

◆大柴胡湯は、

胸が苦しい胸や脇腹の苦しさを解消
その他の効果としては、肩こり、便秘、胃炎、肥満症の改善効果があります。

入っている生薬が似ているので、同じような効果が期待できますが、一番大きく出る効果が若干違ってきます。

 

ガッツリ痩せたい人は、内臓脂肪・皮下脂肪をシッカリ取ってくれる『防風通聖散』の方がオススメですね。
⇒ 実際に7kg痩せた防風通聖散

防風通聖散と大柴胡湯
それぞれの特徴を詳しく説明

防風通聖散の特徴

防風通聖散防風通聖散は、ボウフウ(防風)をはじめとした18種類の生薬で構成されていて、ツムラや小林製薬など複数のメーカーから販売されています。

 

排便・利尿作用によって、体内の老廃物や水分が排出され、お腹の不快感から解放されます。
しつこい便秘で困っている人は是非試してみて下さい。

 

また、代謝UPの生薬も含まれているため、脂肪が燃えやすくなるのも注目ポイント!
今までは「食べたら溜まる」だったのが、
食べても燃える」という風に、
痩せ体質に近づけるというのも嬉しいですね。

防風通聖散の商品一例

メーカー 商品名 値段
(コスパ)
アインファーマシーズ 生漢煎
(しょうかんせん)
3,900円
(130円/日)
ツムラ 防風通聖散
エキス顆粒
5,500円
(172円/日)
小林製薬 ナイシトールZ 7,500円
(268円/日)
クラシエ コッコアポEX 4,000円
(333円/日)
ロート製薬 新・ロート防風通聖散錠 6,800円
(227円/日)

有名なメーカーの防風通聖散をいくつかピックアップしてまとめてみましたが、価格(コスパ)で見ると『生漢煎』が試しやすくていいですね。⇒ 生漢煎を試してみる!

大柴胡湯の特徴は

大柴胡湯大柴胡湯は、サイコ(柴胡)をはじめとした
8種類の生薬で構成されています。
排熱作用のある生薬が働き、胸部や横っ腹に溜まる『熱による圧迫感』を緩和してくれる、というのが主な効果。

 

肝臓の働きを助ける生薬が入っているため、脂肪が分解されやすくなります。
(↑ダイエットとしての効果はコレですね)

大柴胡湯の商品一例

メーカー 商品名 値段
(コスパ)
ツムラ 大柴胡湯 4,000円
(333円/日)
小林製薬 ビスラットゴールド 4,200円
(150円/日)
クラシエ ハピコム大柴胡湯 2,549円
(150円/日)

小林製薬とクラシエは同じくらいのコスパ(1日あたり)ですが、ツムラの大柴胡湯は異様に高いですね…。

 

どれも有名なメーカーなので、近所のドラッグストアや薬局で取扱いはあると思います。
(私の近所では、イオンのお薬売り場に並んでいました)

 

ちょっと胸がつっかえて苦しいな…と感じているのなら、買い物のついでにドラッグストアに立ち寄ってみると良いでしょう。
ただ、胸の苦しさが強い場合は、漢方で何とかしようとせずに病院に行ってください。
(動脈硬化や心筋梗塞の初期症状かもしれませんので…)

防風通聖散と大柴胡湯の比較まとめ

防風通聖散と大柴胡湯の違いは?

  • どちらも便秘解消と体重減少は期待できる
  • 防風通聖散は皮下脂肪が多く、肥満の人向け
  • 大柴胡湯はストレス太り、肝臓が弱い人向け

冒頭にも書きましたが、
お腹の脂肪をガッツリ取りたい人は
『防風通聖散』の方がいい
です。

 

防風通聖散を約1ヶ月飲んで、実際に7キロ痩せた私が言うのだから間違いありません^^

 

⇒ ダイエット成功時の写真はコチラ

関連ページ

防風通聖散と五苓散の違い
「むくみを解消したいし、できることなら体重も減らしたい」という人におすすめしたい漢方薬のうち、ここでは防風通聖散と五苓散(ごれいさん)の違いについて紹介します。
防風通聖散と防已黄耆湯の違い
防風通聖散と防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)はいずれもインターネットの口コミで「痩せる!」と評判が高い漢方薬です。ダイエット目的ならどちらがおすすめか?ここでは両者を徹底分析してみます。